*
*

転職サイトそれぞれの特徴を知る

転職サイトを使う際には、それぞれのサイトの特徴に気をつけてみてみましょう。特に女性の転職の場合だと、見るべき部分が大体決まってくるかも知れません。

パッと見た感じの印象まずサイト画面は第一印象が大事ですね。人間もそうですが、パッと見た感じの印象が見やすいかどうかで、そのサイトへの滞在時間が決まってしまいます。きちんと項目が整理されて見やすいサイトだと、じっくりと見ようと思ってしまいますし、逆にあれこれと情報がごちゃごちゃしているサイトだと、見にくいためすぐに違うサイトに移ってしまいます。最近では女性をターゲットにしたサイトも多いため、色使いやテンプレートなどが可愛らしい、またはスタイリッシュなサイトが増えていますから、その中からフィーリングに合うサイトを選んでもいいかも知れません。

また、サイトごとに特徴を持たせている傾向が、最近では特に強いように感じます。オフィスワークに強いサイト、IT系に強いサイト、語学などのスキルを活かせるサイトなど、いろいろあります。とは言っても、ひとつひとつのサイトをいちいち見て調べていてはキリがないので、手早いのはランキングサイトなどを見ることでしょう。

*

転職サイトでみるべきポイント

転職サイトをみる時には、みるべきポイントを絞ってみましょう。そうするとサイトの特徴や使いやすさなどがわかりやすくなるため、サイト利用がとてもラクになります。

まず、一番目につくのはお仕事検索の画面ではないでしょうか。サイトによっては検索画面がどこにあるのかわかりにくいものもあるので、この点は案外大切です。サイトのトップページを開いた時にさっそく検索画面が目に飛び込んでくるようなサイトは、使いやすい印象となるでしょう。大体の場合、簡単な検索機能がまず載っていて、さらに詳細に調べたいときには「詳細検索」へと進めば、詳しい職種が選べたり、働き方が選べたり、活かせるスキルをチェックできたりしますので、この詳細検索機能は必須だと言えます。

そして案外見落としがちなのが、自分の住んでいる地域に支店があるかどうか、という点です。支店が無くとも、十分にエリアがカバーされているかどうか、というあたりは見逃すことはできません。どんなに求人件数が多いサイトでも、自分の住んでいるエリアについては数えるくらいしか求人数がない、というのでは、使えないサイトであるのと同じです。できれば居住地域に支店があって、実際に足を運べる環境だと最も望ましいのではないでしょうか。

*

意外と大切、サポート面

女性が転職活動をしようと思ったら、その転職サイトや企業のサポート面にも目を向けておく必要があります。女性だからこそ負っている様々なリスク、つまり既婚者であったり、子持ちであったり、30代、40代であったりと、男性ならばそれほど問われない条件が女性の場合にはリスクになってしまう可能性が、今でもやはり大きいものなのです。

人材派遣のサポート面そこで大切になってくるのが、サポート面です。私は地域の関係から利用したことはありませんでしたが、とらばーゆのような女性向けサイトを持っているところや、女性をターゲットとしたサイトなどでは、女性に向けたサポートも充実していることが多いのです。ただしこの場合、正社員として、というよりは派遣社員としての働き方の方が、お仕事件数も充実度も高いと言えるでしょう。派遣会社のサイトの方が、案外充実したサポートを誇っている場合が多いものです。実際に、結婚している人、子供を持っている人の転職をサポートするコラムを持っているサイトもありました。

派遣という働き方だからと言ってがっかりすることはありません。今は紹介予定派遣という働き方もありますから、一定期間の間は派遣スタッフとして働いて自分の能力や仕事環境を見てもらい、納得してもらった上で正社員契約を結ぶという可能性もあるのです。うまくサポート部門やシステムを利用して、女性でも見事に転職を勝ち取りたいところですね。

*

大手ばかりが転職サイト?

転職サイトを見るときには、どうしても大手のサイトから見てしまいますね。これは、例えば「女性 転職」などのキーワードで検索をかけたときに、大手サイトが上位にきてしまうことからも仕方ないことだと言えます。もちろん大手の転職サイトは、求人数も多くて検索機能も充実、サポート面も安心とよいことづくしですが、実は中小規模サイトというのも、あなどれない存在なのです。

どこがあなどれないかというと、専門性を持っている点なのです。中小サイトも、大手サイトと同じことをやっていては勝ち目がありません。そこで専門性を持たせているのです。医療系に特化したサイト、ITエンジニア系に特化したサイト、紹介予定派遣に力をいれているサイトなどがこれにあたります。そのようなサイトの場合、もともとその業界出身の人が立ち上げたサイトか、あるいはその分野のグループ企業であるなどの関連性があり、このため特定の分野に強い、という特徴を持つに至っています。

面白いところでは、ドライバー専門のサイト、というのもあるようですよ。今は女性ドライバーも当たり前にいる時代。運転が得意で好きな人は、このようなサイトでドライバー職を探しても、良いのではないでしょうか。

*

私が選んだポイント

私が転職活動を行った際にも、転職サイトや求人雑誌、新聞広告などを随分と利用しました。その中で特に転職サイトということで言えば、先にも出てきたリクナビNEXTでした。転職サイトにはいくつか登録は行ったものの、ほとんどのサイトはメルマガ購読のみで、実際のアクションはあまりおこしませんでした。でもリクナビNEXTだけは違いました。毎週更新されるのを楽しみにしていたし、メールが届くのを心待ちにしていたものです。

何が他と違ったかというと、まず画面のイメージと構成がしっくりきたことが挙げられます。赤と白のすっきりした配色も良かったですし、すでに個人情報を登録していましたから、検索もある程度ラクにできたのも便利でした。でも一番良かった昨日は、スカウトメールだったのです。自分が登録した職務経歴やスキルを、匿名で企業サイドに公開し、自分に目を留めてくれた企業からオファーメールが届く、というものです。これには、該当者全員に送られるオープンオファーというメールと、特定の個人のみに送られるプライベートオファーというメールがありましたが、私はオープンオファーを数回もらいました。プライベートオファーは残念ながら経験なしです。それでも、リクナビからメールが届くと、オファーが来ていないか確認するのが楽しみでしたし、毎週の更新日には欠かさず求人をチェックしていました。

皆さんも、スカウトメールは是非利用した方が良いですよ!今はどこのサイトにもスカウトメール機能があるはずです。

*