*
*

50歳を越えた人の転職事情

私が転職を決めた一方で、夫も一応アルバイト応募の履歴書は出していました。しかし前述の「夫の履歴書に物申す」で触れたように、全て我流で工夫のなされていない応募書類が、相手企業の目に留まるわけもなく、不採用が続いていました。仮に書類選考に通ったとしても、今度は面接の対策も立てないままに出かけてしまうので、やはり先方企業にとっては印象が弱かったのではないでしょうか。

「40歳からの仕事」という求人雑誌があります。そこには、中高年世代の転職求人が掲載されているのですが、中高年以降の正社員募集と言えば、警備員かパチンコかタクシー業界くらいなものなのですが、夫はどれも気にいらなかったらしく、雑誌を買って読んでは読み捨てる、という日々が続いていました。

転職の世界は、40歳を超えたら急に厳しくなると言われています。50歳ならなおさらです。だから選んでいる余裕など本来はないのです。私の場合はまだ30代で転職できただけに良かったのですが、可能性の低い夫は、意欲自体を無くして、私にある意味依存していたのかも知れません。

*

50歳女性で転職するとしたら

50代の転職自分が50歳代だったらどうするだろうか、そう考えたこともありました。恐らく、いちいち仕事を選ばずに食品製造ラインでも新聞配達でも何でもやっていたことでしょう。こういうのは女性の方が切り替えが早い、と聞いたこともあります。そこが夫と私との最大の違いだったのだろうと思います。

ハローワークでは、中高年の人を対象にしたパソコンセミナーや、転職セミナーなどが頻繁に開かれていました。しかし、私や私の両親が夫に参加を勧めても、決していい返事をすることはなく、いつも煮え切らない返事が返ってくるだけでした。

参加できるものは参加する、利用できるものは利用する、そういう考えを持って実行しなければ転職などそう簡単にはいきません。若い人でも厳しいといわれている就職戦線です。中高年は仕事を選ぶことすらできない、とも言われています。ならば若い人以上に努力しなければならない、それが40歳50歳の転職の鉄則ではないかと思うのです。

*

私の勤務環境

一方私の仕事の方は、当初よりもずっとハードになっていきました。朝は8時半に家を出て、夜帰宅するのは23時過ぎ。一日の大半を会社で過ごしていたようなものでしたが、これも生活のため、その一点のみで頑張っていました。

ちょうどその頃、夫がやっとアルバイトを決めました。夜中から明け方にかけて、ホステスを家まで送るドライバーの仕事でした。私が日中仕事でいませんから、もし子供が保育園で熱でも出したら自分が対応しなければならない、そうすると仕事を休まなければならないが、俺はそういうことはできない。ということで選んだのが、私の帰宅時間に合わせて出勤する夜中のバイトだったのです。アルバイトを決めたのはいいのですが、お給料は毎月の送迎時間によって上下するので、月5~6万円程度。それでは私の収入と合わせても家計が成り立たないので、昼間のバイトの方が稼げるし日中働くほうが健康的だから、と勧めるも、やはり聞き入れることはなく、「女は子供が熱を出したら途中で帰れるけど、男は違うんだ」と言ってアルバイトを変えることはありませんでした。そうであれば、子供を日中保育園に入れた意味もないのですが…夫はそう言って聞きません。

結局収入面では改善が期待できないことがわかったので、私はどんどん自分で自分を追い詰めていくことになるのです。

*

夜の仕事への掛け持ち

とにかく夫がそのように、自覚に乏しい感じだったので、そんな夫に期待をすることをやめ、自分が全て何とかしなければ、と私は考えるようになっていきました。そこで、掛け持ちのアルバイトを探すようになったのです。それは夜のバイト、水商売のアルバイトでした。

夜のアルバイトと言っても、いわゆるクラブのホステスでしたので、男性客が来たら横に座ってお話を楽しめばいいくらいのものでした。実際に面接に行ったときの服装ですが、日中の仕事の帰りだったので上下のスーツを着てパンプスを履いていました。シャツは、はやり夜なのでひとつだけボタンを外して格好を整えました。化粧も、薄暗い照明の中で映えるようにやや濃い目にして、夜の仕事の女性としての意識を持って面接に行ったのです。

そのお店は、既婚者の女性でも家族の理解があれば雇ってくれる、といった店でした。後日その店から電話が来て「採用したい」と言われましたが、私自身が「何もしない、何も考えていない夫に代わって何故ここまでしなくてはならないのか」という想いが大きくなっていたため、そのお話はお断りしたのです。

しかし、夜のお仕事の方が、仕事の性格的に言っても、既婚者や30代の女性でも普通に採用してくれるものなのですね。

*